NDK tottori

 


ホームサイトマップあゆみ会員紹介ニューヘアーヘアショーリンク

講習会レポート2002
 
■10月
 10月14日(月)の、田中秀一先生を迎えての講習会のレポートをお伝えします。
レディース3名をモデルにデモストが行われました。

 1人目はヤングモデル。ヘアカタログの切りぬきを持参する、一般のお客様と同じ感覚でカットスタート。
アメリカンテイストのディスコネスタイルショートヘア。
レザーを用いるが髪を削るのではなく、マテリアル、いわゆる素材と質感を変化さすカットです。
コンテスト用カットでは無く実際に明日から役立つサロンヘアで、非常にアカ抜けた最近の流行のニューウルフヘアが完成です。
モデルさんも大喜び!!

 2人目もヤングモデル。ストレートのサラサラ毛をバサバサとしたスタイルへ変えていきます。
ベースはレイヤーボブ。カタログ写真では軽くツイストが入っていましたが、今回はカットとブローのみでテイストを出します。
切った毛がどこへ落ちるかを計算しながらベースカットを進めます。
そして、ランダムに髪をツイストさせながら梳いていく、マテリアルカットも入れながら毛量調節をします。
そして、ブロー時のフィンガーテクニックにより、ツイストテイストを出します。
これで、クラッチという、ツヤの無い質感が逆に今っぽいスタイルが完成しました。

 スペースの都合で3人目は割愛させていただきますが、それぞれ素晴らしいテクニックと抜群の感性で、
ただただ驚くばかりの講習となりました。

report11.jpg (3924 バイト) report12.jpg (2518 バイト) report13.jpg (3295 バイト)

■9月
 9月9日(月)に、岩楯宏二先生をお招きして講習会が行われました。2003ニューヘア(ジュヌ)の実技講習です。
デモストで一度に作り上げてしまうと、観ている人の印象に残りにくく、各自が自己流になってしまう事が多々あるそうで、
工程のセクションごとに、先生と受講生の同時進行の形となりました。

 その内容、工程についてはニューヘアーカタログと重複するので、ここでは割愛させてもらいますが、
『ジュヌ』に使われている『様々なカット技法と考え方』が現在のタレントヘアや、
ファッション雑誌に載っているスタイルに必要な技術だと言う事が分かりました。

 その手順の複雑さにとまどう受講生もありましたが、個人個人に丁寧に解説と指導をされる先生の姿がありました。 
4時間の講習時間では足らず、少しオーバーしてしまったにもかかわらず、優しく教えていただき本当に感謝しております。

report09.jpg (3026 バイト) report10.jpg (2225 バイト)

■7月
 7月1日、今回の講師は高田雅浩先生です。
鳥取で全国理容競技大会があった時の技能五輪チャンピオン!
その後、全国大会チャンピオンにも成られて、世界大会にも出場された超実力者です。
その世界大会スタイルの再現と即営業のスタイルを教えていただきました。
まず、世界大会のコンシュマースタイルの実技から。

 あらかじめカット&カラー済みのウイッグによるドライヤーセット。
ブラシを用ず、フィンガーのみで仕上げるテクニックを教えていただきました。
空気感を持たせつつアウトラインを作り、さらに流れを考えながらボリュームもつけるという高度なテクニックで、
柔らかさの中にも派手さがある、素晴らしいスタイルを再現していただきました。その時間およそ20分!!ビックリです。

 第二部は、Wカップで大ブレークしたベッカムヘアの簡単な作り方を教えていただきました。
レディースヘアの延長線上の考え方で創作。平面で作らず、円すい形のスタイルの考え方で創ると、
カチッとしたスタイルにならずに、立体的なベッカムヘアを作ることができました。
とても優しい先生で、なごやかで解りやすい講習でした。

report06.jpg (2985 バイト) report07.jpg (2328 バイト) report08.jpg (3109 バイト)

■6月
 6月10日、池本直美先生・瀬田美帆先生によるネイルケアの実習が行われました。
ネイルケアの基礎知識の講義から始まり、ケアテクニックのデモンストレーションをして頂きました。
会員さんの中にネイルケアを導入しているお店はほとんど無く、
普段あまり見る事のない技術で、みなさん興味深く技術を学んでいました。

 後半には、相モデル又は自分の手で実際にネイルの、ファイル・クリーンアップ等を実習してみました。
思いのほか簡単に出来る技術もあり、皆さん最後まで熱心に取り組んでいた模様です

report04.jpg (4346 バイト) report05.jpg (3447 バイト)

■5月
 5月13日に、鳥取理美容学校にて、大曽根貴子先生を 講師にお迎えして、今年一回目のNDK講習が行われました。
先生は、まだ三十歳を過ぎたばかりの若さですが、田中秀一先生の支店の店長をされています。

 最初はモデルを使ってのレディスカット。モデルさんは、クラウンが短めのカラーによるダメージヘアでした。
モデルさん本人に希望の長さ、普段のケアの悩みなどを聞かれいよいよ技術です。
まず、レザーでシルエットラインを出し、シザースで毛量調節。見事に変身!!ソフトな、セミウルフスタイル になりました。
ブロー後に、セニングでボリューム調節。
「そうする事で、お客様が家でスタイリングがし易くなります。」と説明され、技術もさる事ながら、接客の大切さのお話も楽しく、
例えば、「一声かけてから技術に入る」言葉のプレゼンテーションであったり、サイドから切り始めるとお客様が安心する等々…。
あくまでもお客様の身になった技術提供を心がけておられ、
技術も接客態度(モデルさんに対しても)も、丁寧なのが良く伝わりました。
もちろん、20歳のモデルさんも大変気にっておられました。

 第二部として、お昼からは新メニュー作りの提案として、エクステンションを学びました。
今回は受講者が30名と多く、質問も多数飛び交う活気ある講習となりました。

 余談ですが、鳥取に来られるのが初めての先生に講習後鳥取砂丘を案内したところ、
とても感激されていた事を付け加えておきます。

20052004200320022001

Copyright(C) NDK tottori All Rights Reserved