NDK tottori

 


ホームサイトマップあゆみ会員紹介ニューヘアーヘアショーリンク

講習会レポート2003
 
■11月

2003度最後の講習会は、田中秀一先生をお招きして、レディースモデル3名によるデモストです。
ヘアショーではなく、サロンワーク型の講習会でした。

 技術に入る前には、
「お客様に接する時と同じ、コミニケーションサロンワーク(カウンセリングによって、より深く希望を知る)で、
希望するイメージを分析し、安心してもらってからカットに入ります。」
と、カウンセリング&スタイリングアドバイス!
お客様の注文に対して、「ハイハイ」と言うばかりでは無く(お客様がデザイナーになってしまう)、
こちらからスタイリングアドバイスする事で、デザイナーとしての価値が出てきて激安店に出来ないヘアビジネスを…。

 急いでいて時間が無いお客様には、ブローも考えてあまり中から濡らさない。
さらにカットはあわてず、正確に切る事。自分の技術に自信を持ち、堂々とのぞむ事…。
どれも大切なお話で、明日からの仕事に役立つ事ばかりでした。
さらに現在の情報、トレンドについてのお話もありました。
確かな技術でカットされ、モデルさん皆さんが満足して笑顔で帰って行かれました。
講習後、市内の温泉旅館にて先生と共に、納会を含めた食事会が行われました。
直接先生とも話しができて、とても楽しいひと時でした。

 これにて今年度のNDKは終了です。
来られた各先生方、受講生及び役員の皆様、お疲れ様でした。来期も楽しみにしています。

report24.jpg (2577 バイト) report25.jpg (2312 バイト) report26.jpg (2619 バイト)

■10月
 10月28日、全連講師の稲葉孝博先生を迎えてニューヘア「キワミ」の講習が行われました。
昨年の『ジュヌ』を発展させたイメージで、19歳をターゲットにしたスタイルです。

 フロントに、特に短くカットするポイントをつけるのが特徴となります。
ウイッグによる実技を、会員と同時進行で開始。
ブロッキングからてこずる会員もいましたが、個別に丁寧に指導してくださいました。
手順は雑誌やヘアメニューで確認していただくとして、
(ここではとても書ききれません)独創的なカット技法を数多く学ぶ事ができました。
最後にエクステンションもつけて、まさにヘアメニューの写真通りの「キワミ」の完成です。
先日の全国大会の楽屋ばなしも聞けて、楽しい講習でした。

report23.jpg (7044 バイト)

■7月
 今回は現役でレディース競技会に出ながらもメイクの世界大会にも出場されている、下山有紀子先生をお迎えしました。
NDK初のメイク講習です。

 まず、レディースシェービングに関するアンケート結果を元にお話があった後、モデルを使ってのデモストです。
クレンジングで、眉、口、目の順にポイントメイクを落とした後、
頬の赤みを消すために薄いグリーンのコントロールカラーを半顔ずつ。シミのある所にはベージュを使います。
次はファンデーション。リキッドタイプを使用。中から外へ均一に伸ばします。その後、軽くパッティング。
さらにメイクへ移ります。顔の中心である目を作ります。トリミングをした後、眉へ。
それぞれに基本となる、メイク方法があるのですが、ここではとても書ききれません…。
頬にチークをしたら、リップへ移ります。最後にアイシャドーを入れると完成です。出来あがりは、写真をごらん下さい。
さりげないけど完璧なメイクの出来映えは、実際に見てみないと分からないかも…。

 講習内容がメイクと言うことで、女性受講者が多かったですが、男の僕にも分かりやすい講習会でお客様への提案、
スタイル作りの参考となりました。

report20.jpg (3770 バイト)  report22.jpg (4622 バイト)

■6月
 6月9日に山本博司先生を迎えてカラーの講習が行われました。先生は昨年度の世界大会カラーチャンピオンです。
まずはウイックによるテクニカルコマーシャルコンシュマーの再現から。

 あらかじめテーパーとカラー済みのウイックを、フィンガーブローのみでクラシカルスタイルに仕上げます。
毛を垂直に立たせた後、形成していきます。
仕上がりの毛束感、立体感を考えた味わい深いカラーで、スタイルと一体化した見事な作品が完成しました。

 次は男性モデル二名によるグラデーションカラー実演。若いショートのモデルのみをここにレポートします。
10レベル以上のアルカリカラー、ブリーチ剤、時間差による明度によってグラデーションカラーを作ります。
技術者のイメージでランダムに毛束を取り、その毛先のみにブリーチ剤をつけます。
自然放置十分後、その部分も含めてその下5mm程度まで、もう一度ブリーチ。
さらに5分後同じく 段差をつけてブリーチ。また5分置いた後シャンプーし、アッシュ4、バイオレット1を塗布。
15分放置後流すと、カットせずとも立体的な軽いスタイルに変化しました。

 久々のカラー講習に会場も盛り上がりを見せ、チャンピオンならではのスピーディーで確実な仕事に質問も飛び交い、
活気ある講習会となりました。

■4月
 4月28日に今年度一回目の講習会が行われました。
講師は、昨年の全国大会レディースチャンピオンの倉田和俊先生です
第一部は、先生ならではの経験と心構えについてお話されながら、ウイッグによる大会スタイルの再現です。
後ろはすきバサミで刈り上げ、フロントセニングで軽めのバング。サイドはツーブロック。
仕上げは4種類のブラシと、ピンセットまで用いて大胆ながらも繊細な素晴らしい作品が出来あがりました。
ただただ驚くのみです。

 第二部は女性モデル2人によるサロンヘアーデモストです。
毛が細く広がりやすい、絶壁ぎみのモデルさんが1人目。長さは変えず、カットラインをつなげないディスコネクションに。
下はレイヤー、上はグラデーションでアウトラインをカット。その後セニングでスライドカットし、シャギーを入れます。
ブロー無しでもバックにボリュームが出て、自然なスタイルとなりました。

 2人目は逆に毛が多く、クセのある、頭が張ったモデル。同じくディスコネだが、ややボブスタイルに。
襟足のクセが強いので、先にクセだけ殺してカット。
ブロッキングした内側にレイヤー、かぶる上はグラデーション。クセの有り方によって左右の長さを変えます。
つむじの位置、毛の流れ、浮き方に注意をはらって根元近くからスライドカット。
重い髪質が柔らかい軽い仕上がりになりました。
さすが現役チャンピオン、確かな技術と大胆なカットで、2人共大満足していました。

 巨人軍の清原選手が散髪に来店された時の裏話も楽しく、時間を感じさせない楽しい講習会でした。
新会員も加入し、ますます充実のNDK講習、今年もバッチリレポートします!!

report14.jpg (3144 バイト) report16.jpg (1465 バイト) report15.jpg (1737 バイト)

20052004200320022001

Copyright(C) NDK tottori All Rights Reserved