NDK tottori

 


ホームサイトマップあゆみ会員紹介ニューヘアーヘアショーリンク

講習会レポート2006

 

■11月
11月27日に今年度最後の講習が行われました。講師は菊池由起先生です。実は先生は10月の予定だったのですが、天候上の理由(飛行機の欠航)により、今月になったのです。
今回はエステ関連の講習です。始めにプロジェクターを使って先生の店舗の紹介。と同時に、特色やメニュー作りのこだわり、さらにお店の武器を生かそう、と題してアロマ『香り』の大切な お話がありました。後半は実際にアロママッサージの実演。 モデルを用いてフェイス&ヘッドマッサージの工程を学びました。モデルさんがとても気持ちよさそうで、羨ましかったですよ。 15分1工程のメニューとして、満足度と料金をアップできる、実践的な講習でした。その後眉毛の作り方について。顔に合わせた眉山の作り方、さらに簡単ネイルとハンドマッサージも教えていただきました。今回は全く鋏を使わない講習でしたが、たくさんの知識と技術を学べて、本当に良かったなぁと思いました。
この1年間わざわざ鳥取までお越しいただいた先生方に感謝 しつつ、今年度の講習レポートを終了致します。

       

                          

■11月
11月13日に、田中秀一先生と、本店店長の根岸先生を
お迎えして3Dカットの講習が行われました。田中先生の
体の具合を心配していましたが、いつもどうりの元気な姿
が見え、安心しました。今回はモデル2名を使いました。
最初は男性ヤングモデルです。セニングでスライドする
技術を学びました。鋏の回転、上刃下刃の切り替えなど、
サロンですぐ使える実践的なものにより、軽くて動きのある
スタイルになりました。2人目は根岸先生によるレディース
カットです。セニングを使わず3Dカットで軽さを出します。
ブロー後のドライカットです。仕上がりの状態から切る事で
会話をしながら、お客様の好みを確認しつつスタイルを
作る事ができます。スタイリング剤のアプローチの方法も
お話していただきました。後半はウィックを用いての全員
によるスライドカットとスパイラルカットの練習でした。各自
フリーに質問しながら個別指導をうけました。実践的な講習
で、早速私も明日から使う事にします。

                          

■9月
9月11日に、東京から大桃ゆかり先生を迎えて講習が
行われました。ご主人の祐一先生もゲストとして参加して
くださいました。お二人共初めての鳥取だそうです。
七五参アップスタイルと、高齢者理容について、が今日
の内容です。アップはレディースウイックを使用。よく梳かした
後ファイバーワックスを全体に塗布。そしてブロッキング。
ここが大切なので、アバウトではいけません。後頭部は
アップステムでとめます。耳上部の結い上げは逆毛で。
ここはかなり難しい所でした。サイド、フロント共にすき毛を
入れて形を整えます。普段経験の無い僕は苦労しましたが、
流石に女性陣は器用にしていました。先生の店舗の横には
写真館があるそうで、メイクやアップのお客様がわりと多い
そうです。最後に下がり物をつけます。大きい物は左側に。
これで七五参アップスタイルの完成です。僕的には難易度
が高くて、苦労してしまいましたが、新しい技術の勉強は
新鮮に感じられました。そして後半は高齢者の福祉や
看護理容についてお話をうかがいました。つえは理容いすに
ついてから預かる事、車椅子についた刈り毛もきちんと払う事、
補助犬の受け入れなど福祉と看護についてやさしく学びました。
ぜひまた来年度もお越し頂きたく思います。

 

■7月
今月は安藤寛昭先生を迎えて、講習会が行われました。
今年で三年連続、鳥取NDKに起こしいただき、会員とも
かなり顔なじみになりました。今回は夏らしい、
インプレッションスタイルをベースにした涼しげなサロン
ヘアーです。皆がウイックを用意しての実技講習でした。
両サイドとバックのネープラインをブロッキング。
セニングで厚めに刈り下げ、ポイントを作ります。
チョップカット、スライドカットを多用して毛量を調節します。
手順はわりと複雑だったのですが、ほぼ個別指導の
要領で先生が分かりやすく教えてくださり、会員も
遅れる人無く順調に進める事ができました。ツーブロック
のニュアンスを残しつつ、フワッと浮いた軽いフォアード
スタイルになりました。すぐにサロンで使える技術を
学べ、満足な講習でした。
 

   

 

■6月
 6月12日に、一昨年の全国大会レディースチャンピオン、
 石川佳代子先生をお迎えして、今年度第二回NDK講習が
 行われました。すぐにサロンで使えるカットテクニックと題して、
 モデルを使っての講習となりました。縮毛矯正済みで、毛先を
 多く梳いてある、ミディアムロングのヤングミセスです。あまり
 濡らさず、半ドライカット。ネープラインを梳き過ぎると、上の重さ
 が強調されるので、すそ廻りは梳かずに揃える程度。ブロッキング
 後、天頂Uパートより下部をレイヤーカット。梳きは下から上への
 グラデーション。フェイスラインはフロントから、スライドシャギーで
 同じくレイヤー。そのラインでバックへつなげ、膨らみを押さえます。
 毛量の多い部分はポイントでセニングを使います。その後ブロック
 していたトップを下ろし、後ろに流すようにセニングを半回転
 させながら、毛量を合わせます。すると、重たく、痛みの目立っていた
 モデルさんが、軽やかで健康的なスタイルに変わりました。
「人前では緊張します」と言われながらも、手際良くカットを進め
 られる先生でした。ありがとうございました。

  

■5月
 

 

  

200620052004200320022001

Copyright(C) NDK tottori All Rights Reserved