NDK tottori

 


ホームサイトマップあゆみ|会員紹介|ニューヘアーヘアショーリンク

 News 2007

NDK鳥取会員の鳥谷一弘さんが、岩手県でおこなわれた第59回全国理容競技大会の「理容師2007メッセージ」全国大会に中国地方代表として出場し、見事優勝されま した。CONGRATULATIONS!

  

   全理連ページ

 

講習会レポート2007

 

■11月
11月26日に今年度最後となる講習会がありました。
一年の締めを飾られるのは田中秀一先生です。今年は奥様もご一緒に来られました。
今回の講習は先生の提案されるニューヘアとそのテクニックDVD「イデアフォルム〜理想に基づいた形」に沿って 実技して頂きました。アイロン技術とすき毛をからめた斬新なアップスタイルです。女性モデルがみるみるうちに   仕上がって行きます。
洋風スタイルでありながら、最後にかんざしをコーディネートされると、見事和洋折衷の素晴らしい作品となりました。
メンズモデルでは、サイドディスコネ、トップとバックがチョップ、最後に荒めのセニングで動きと軽さを出されました。  先生独特の楽しい話術も勉強になり、一年の締め括りにふさわしい楽しい講習会でした。
講習会後、場所を移して先生を囲んで食事会が行なわれました。たくさんのお話が聞かれ、とても充実した食事会でした。来年度はどんな先生に来ていただけるか、今から楽しみです。

 

  

  

 

 
■10月
10月15日に講習がありました。
今月の先生は昨年もいらっしゃった菊地由起先生です。
今回はシェービングにまつわる知識と実技でした。
最初に眉毛などのグルーミングのお話があり、剃刀、レザーの種別を再確認しました。
替刃の形状のあれこれのお話もあり、さまざまな剃刀や替刃の実物を目にしました.。
今では使う人が少なくなった日本剃刀の良さとその有効性を改めて学ぶ事となりました。
替刃の製造工程も丁寧に教えていただきました。
続いて研磨の事、シェービングソープの事、とたくさんの資料と共に勉強しました。
理容の知識としてももちろん、お客様との会話のひとつとしても成り立つとても興味深い内容でした。
後半は実際に私達が相モデルとなってシェービングの実習を行いました。先生持参の
シェービングオイルを使って、その剃りあがりの質感を試してもらいました。
カット講習が続いた中、久々の顔剃り講習でとても勉強になりました。
 

 

※今月分の講習画像はメモリーカード破損により無くなってしましました。すみません m(_ _)m

   

 

 
■9月
9月10日に大桃ゆかり講師・大桃祐一講師を、お招きして『まとめ髪』の講習をしていただきました。両講師は、丁度一年前にもお招きしており、とても和やかなスタートで、休憩もそこそこに進んでいきました。
まとめ髪のポイントは、「まとめる6技術」ということで、
1、ゴム
2、ピン
3、逆毛
4、整髪料
5、ブラッシング
6、カール
このポイントを確認され、長い髪に不慣れな男性メンバーもアップスタイルに取り組みました。
 
ポイントの中の『カール』に関しては、なじみのあるアイロン技術ということで、すぐにマスターし、なじみのない、逆毛、ピンと進んでいきました。
逆毛は、コームの選び方、歯の挿入角度、毛束を持っている手の使い方、などを習い、ピンは、座の髪の流れを見て打っていく、など、基本的なことですが丁寧に習い、ポンパドールスタイルと三つ編みスタイルを完成させ満足感あふれる講習となりました。
毎年、少しずつですが確実にアップスタイルに慣れ、営業に役立っていると思います。
ありがとうございました。
総務

          

 

 
 
■7月
 7月9日に根岸ユキマサ先生をお招きして、似合わせカットの講習がありました。
昨年は田中先生と一緒に来られましたが、今回は御一人でいらしていただきました。
まずはレディースのデモストから。
3Dカットを利用した、サロンワークカットです。
上の長さを決めてからカットに入ります。ネープラインの毛は後ろに流さず、フロントに持って行きます。
横のガイドに合わさず、縦のガイドに合わすと耳の上に穴が空きません。
跳ねさせたく無い毛はセムレイヤーで切ります。ベースカットがきちんとなっていたら、スタイルの保ちが違います。
ボリュームのつく所を根元からセニング。顔回りは動きの軽さを求めます。
内巻きにブローした後3Dカットです。スライド&スパイラルでグラデーションレイヤーにしました。
バックのボリュームゾーンの位置に気をつけてカットします。
フロントは三角ベースに取り、流す方向を考えて少しだけ切ります。
これで表現力のある3Dカットの完成です。
後半は先生独自の似合わせ学を学びました。
細部までこだわりを持つ繊細な先生のカット技法にただ感心しきりでした。
 

  

 

 

 
■6月
 6月4日に秋山和則先生をお迎えして講習が行われました。
 東京からお越しの、アイロンのスペシャリストです。もちろん
 今回はアイロンスタイルを教えていただきました。シニアの
 メンズモデルの実演です。その前に、技術者の好みでは無く
 お客様の好みのスタイルを作る事、現状維持を考えている
 サロンは衰退する、新しい技術や情報を取り入れる努力を
 怠らない事、などのお話がなされました。
 今回のスタイルは、サイドはしめてフロントからGPにかけて
 ボリュームを持たすナチュラルバック。レンツアイロンの角3ミリ
 で作ります。平アイロンと丸アイロンのいい所を融合させた
 画期的な技術でした。根元処理で毛の立ち上げをなした後、
 8角の10ミリアイロンで毛先までのカールを作りました。
 ポイントは中間のカール部分の操作方法です。洗髪後ハンドドライ
 アフターカット。柔らかなシルエットで自然なボリウムの
 バックスタイルとなりました。
 後半はヘッドスパの実演もしていただきました。
 今回は久々のアイロンスタイルで、新たなメニューが作れそう
 な気がしました。

  

 

 

■5月
5月14日に今年度1回目のNDK講習ご行われました。
講師は今年のニューヘアー設定委員でもある
安藤寛昭先生です。多忙の中、時間をさいてお越し
いただきました。 パーマアイロンを用いた新スタイルを教えていただきました。
ウィラードヘアウォーターのお土産まで会員全員に頂き、
明るく楽しい講習となりました。細かな手順は省きますが、
私も実技にトライしてみて、その独特のカット技法&アイロン
操作はとても勉強になりました。自店でも早速、お客様に
使ってみようと思います。
今年度も素晴らしい講師の方々をお招きして行われる
NDKの講習会をしっかりとレポートいたします。

 

  

2007|200620052004200320022001

Copyright(C) NDK tottori All Rights Reserved