ホーム 講習レポート 講習内容メンバーサロン紹介 ニューヘアー リンク

 
 
 
講習会レポート2008

 

■11月
11月17日、今年最後のNDK講習会が行われました。
今日の講師は今年最初に開催した『テクニカルアワード』で、メインデモンストレーターとして来て頂いた全理連中央講師の田中秀一先生です。
先生にはNDK鳥取のプロデューサーとして年間スケジュールを組んで頂いておりますが、今日は今年最後の締めの講習をして頂きました。。
まず、実技講習に入る前に先生のお店「Saint・Honore(サントノーレ)」の新店舗の紹介をして頂き、先生のお店を実例に今の時代の店舗経営の考え方や営業での心構えのなどをお話し頂きました。
次にレディースカットのデモストに入りました。
カットに入る前に、先程のお話に関連してフロント・フェイス周りのカットの重要性を説明されました。
カットはオーソドックスなグラボブで、カットの際の基本的な事を指導して頂きながらのデモストでした。パネルの引き出し角度など意外と基本的な事を忘れている場合も多く、基本の大事さを改めて指導して頂きました。
次はメンズカットです。学校の生徒をモデルにしてカットして頂きましたので、一般的なサロンスタイルで若者に多いスタイルです。営業的に多く使えるカットで、実践的なデモストでした。
最後に、アップスタイルの巻き髪です。各ポイントごとに詳しく説明され所々実際にみんなで実際に技術をさせて頂いたりしました。
仕上がりは写真の通りの見事なスタイルです。
講習後に、先生より景品を御用意して頂き、お楽しみ抽選会が開かれました。受講者全員に数々の景品を頂き、皆楽しく今年の講習を終える事となりました。先生の心遣いに大変感謝いたします。
来年の講習も、すばらしい講師陣をプロデュースして頂ける事と思います。
 

     

 

 
■10月
10月27日、白井幸男先生による「3Dカット・テクニカルマスター」の講習が行なわれました。
まず実技講習に入る前に、先生も参加されていたアメリカ・ロサンゼルスで開催された「ビューティーレボリューション」
の様子をプロジェクターを使い写真を見せて頂きました。話はショーの裏話やクラスルームの様子など様々で、日本のトレンドと世界のトレンドのギャップ・人種による髪質の違いで苦労した話などして頂きました。
そのあと、3Dカットの実習です。スライドシザーを使って3Dカットの講習は今まで何回かして頂いていていますが、今回特に今まで習わなかった左手(指)の使い方や、スライドカットをしていて難しいと思っていた事を、先生の過去の体験による受講者目線で教えていた事が印象に残りました。
NDKメンバーにも3Dカットを使いこなしているメンバーは何人かいますが、まだまだ使いこなす程にはなっていないメンバーもいますので、今回の3D講習は分かりやすく良かったです。
3Dカットを一通り実習したあと、最近若者に多いトップの短いスタイルでのセニングとスライドシザーを使っての自然な立ち上がりと毛束感の作り方をデモストして頂きました。
最後に、ドウランを使用しての簡単なメンズメークを教えて頂きました。
結婚式や舞台用のイベント時に男性用のニーズがあるそうで、女性用の本格的なメークと違い慣れれば意外と簡単に出来そうに思いました。

                        

 

 

 
■9月
9月8日にNDK講習会が行なわれました。今回の講師は実に4年ぶり2回目となる、山口淳先生です。
「豊かになりたい」をメインテーマに、カラーの新メニュー提案がなされました。
まず、先頃新店舗を展開された先生のお店紹介がありました。
続いて、若いメンズモデルを使って、カットとカラーのデモストがありました。両サイドをアシンメトリーに刈り込むショートスタイルです。カラーリングは、ポイントハイライトとベースの重ね塗りを行ないました。
白髪サンプル毛束が受講生に配られ、実際に各自重ね塗りを体験しました。1stカラーは9-NにOX6%を使い明度を上げ、2ndカラーは8-O(オレンジ)にOX3%で色味を入れました。
その合間合間に、カラーにまつわるお話もうかがいました。寒色(アッシュ、バイオレット)は抜けが早く、暖色(オレンジ、ブラウン)は色味が残り易い等、教えて頂きました。
 他にも、我々とアウト店の違いについてや、実際に売上を伸ばすリピート率についても教わりました。
技術のみならず、知識も豊富になった山口先生の講習会でした。
 
          

 

 

 
■7月
7月28日に今期三回目のNDK講習会が行なわれました。
石丸博幸先生を御招きし、’09ニューヘアー「3A‐tion」を勉強しました。タレントのDAIGOが全連発表ポスターのモデルに起用されている事で分かる通り、今まさに若者に求められる旬なスタイルです。
今回は製作DVDを見ながらの同時進行で、メンズウィッグを用いて実習カットを行ないました。
細かな手順はテキストを参照して頂くとして、まずベースカットに1時間半、ベースセニングに1時間、ニュアンスカット(スクープカット)に1時間を費やしました。毛の重なりを重視したカット技法で、仕上がりの軽さとは逆の複雑且つ繊細なテクニックを要しました。しかし、石丸先生の分かりやすい解説のおかげで、なんとか
仕上げることが出来ました。
 私も実践してみましたが、セニングの使い方など非常に参考になり、自宅でもう一度練習してみました。
 また、それと同時に石丸先生提案の新しい白髪ぼかしも紹介して頂きました。ジアミンの入っていないアルカリマニキュアで、全く地肌が染まらないのが特長です。
 毎回新たな発見のあるNDK講習会、次回が楽しみです。
 

  

 

 

 
■6月
6月23日、NDK鳥取の通常講習としては今年初めての講習がありました。
講師は国際の落合克義先生に来て頂き、講習内容は「目からウロコ」です。
まずはじめに、先生の論文の内容で取り入れられてる、耳の形によるヘアスタイルの向き不向き・その人の性格・骨格等のお話でした。
耳の形と頭の骨格の関係やその骨格によるヘアスタイル提案など、意外と知らなかった事を知る事が出来ました。また、耳の形での性格判断は、話のネタには意外と役立つ内容でした。
次に昨今業界では注目されていた、エアパーマの原理についてのお話でした。
以前はやったデジタルパーマの問題点からはじまり、半熟卵の作り方などの実験や、色々と試され中間水洗のあとの加温・乾燥により、パーマの大きいしっかりとしたカールの作り方などを教えて頂きました。
最後に、レディースのモデルさんを使ってのデモストでした。
モデルさんの都合もあり、かなり急いでのデモストでしたが、さすが国際講師の先生で時間に間に合うように仕上げて講習されました。


 

  

 

 

■5月
5月12日(月) NDK鳥取の久々のイベントを行ないました。

タイムスケジュール             

15:30 公開技術講習                      

18:00 テクニカル・アワード open

★ヘア&トークショー・パネルディスカッション

★マイスター体験

(似合わせシリーズ・毛髪診断・ウィッグカット体験・エステシェーブ など・・)

★プレゼント抽選会

19:30 close       

 

   

[過去のレポート]

2007 | 200620052004200320022001

 

ホーム 講習レポート講習内容 メンバーサロン紹介 ニューヘアー リンク

Copyright © 2001 -  NDK tottori All Rights Reserved.